ちぇり~りうむ

日常4コマと鉄道の旅が好きな人の隠れ家です(*'w'*)

忙しい人のための三江線&福塩線その2 三江線巡り

三江線が廃止になるらしいので、忙しい人向けの詰め込みコースで行ってきました。

第2弾は、三次から江津まで三江線巡り。

今回の主目的です。

 

記事一覧

その1

inakami.hatenadiary.com

その2 三江線巡り

その3 

その4 

 

 

 

 行程

6/8

品川 1807

 のぞみ121

新神戸 2047/2052

 ひかり443(レールスター)

(岡山 2136/2137)

福山 2153/2235

府中 2319

6/9

府中 0528

三次 0716

 タクシー
長谷 0906

三次 0921/1002

石見川本 1218/1345

江津 1454/1515

江津本町 1517

 徒歩

江津 1656

 スーパーまつかぜ12

出雲市 1747/1851

 サンライズ出雲 シングルデラックス

東京 0708

6/10

横浜 0813

新宿 0848/0902

塩山 1052

 ちぇりーちゃん♡

塩山 1244

 かいじ110

新宿 1405

 

旅の記録

 

そんなわけで三好到着。

めっちゃ栄えてる風な駅だ。

f:id:inakami:20170615193513j:plain

f:id:inakami:20170615193516j:plain

次は10:02発石見川本行き、の前に長谷駅に行ってくる。

f:id:inakami:20170615190057j:plain

広島から2両編成でやってきて、三次で分割して府中と備後庄原へ向かう運用が、

改札前のホームで解結していた。

f:id:inakami:20170615185845j:plain

f:id:inakami:20170615185848j:plain

 

アリス~♡

f:id:inakami:20170615190356j:plain

 

三江線も並走する県道も、江の川沿いを縫うように走っている。

架線もないので良く分からないが、電柱の向こうは線路だ。

f:id:inakami:20170615190359j:plain

 

粟屋駅の看板を通り過ぎる。

駅舎はタクシーの中からは見えなかった。

f:id:inakami:20170615190402j:plain

 

車内からホームが見えてくる(一番右端)。

料金は三次駅から2800円程度かかったぞ!

f:id:inakami:20170615190732j:plain

木造の待合室とホームという、何とも素敵な組み合わせ。

f:id:inakami:20170615191601j:plain

f:id:inakami:20170615191602j:plain

待合室は綺麗に整備されていて、駅ノートもあり、

f:id:inakami:20170615192204j:plain

f:id:inakami:20170615192206j:plain

どこか心がほっこりと温まる。

f:id:inakami:20170615192214j:plain

駅ノートけものフレンズを描いて回ってらっしゃる方が居るようだ。

f:id:inakami:20170615192254j:plain

 

駅前は江の川を見渡せる一等地。

歩き回ってみたところ、周囲は民家が数軒あり、

洗濯物なども出ていて住んでいるようだった。

f:id:inakami:20170615191901j:plain

元々付近の小学校が廃校になった際に、児童が三次方面に通うために出来た駅だとか。

そのため長谷駅は朝の三次方面2本、夕の江津方面3本しか停車しない。

 

f:id:inakami:20170615191552j:plain

ホームは分断されていて、その間にミラーが設置されていた。

以前は4両編成の電車も走っていたのだろうか。

f:id:inakami:20170615192621j:plain

本日最終の三次行きに乗車する。

f:id:inakami:20170615192624j:plain

隣の粟屋駅での掲示。

置かれた花と併せて、何とも言えない寂しさを醸し出している。

f:id:inakami:20170615192629j:plain

江の川を渡ると、

f:id:inakami:20170615192633j:plain

尾関山駅に到着。

尾関山公園に近く、三次市街も駅付近まで続いている。

f:id:inakami:20170615192924j:plain

一変して周囲は市街地の様相を呈してくる。

f:id:inakami:20170615192651j:plain

江津から走ってきたこの列車が、折り返して石見川本行きになる。

f:id:inakami:20170615193203j:plain

三次駅に戻ってきたら、駅のコンビニにタクシーの運ちゃんが居た。

村社会とは恐ろしい。

 

そんなわけで、一通り食料を買い込んで石見川本行きに乗車。

三次方面から長谷駅が見えてくる(今度は通過)。

f:id:inakami:20170703195258j:plain

 

街からかなり高い位置にある宇都井駅

人がゴミのようだ!

そもそも人なんてい居やしない!

f:id:inakami:20170703195937j:plain

f:id:inakami:20170703195939j:plain

 

列車の夜間滞泊も設定されている浜原駅

数少ない交換可能駅。

だけど駅舎は素朴な感じで民家も数軒あるのみ。

列車は滞泊できても、人間が滞泊するのは

駅寝やキャンプ覚悟でなければ困難そうだ。

f:id:inakami:20170703202126j:plain

f:id:inakami:20170703202132j:plain

 

石見簗瀬駅

1面2線の島式ホームだったところの1線を剥がした痕が無情な様子を醸し出す…

f:id:inakami:20170703202145j:plain

f:id:inakami:20170703202201j:plain

三江線に乗ろう。

乗れるのもあとわずかだけどネ…

f:id:inakami:20170703202214j:plain

一応の終点、石見川本駅

ここも2面3線だったところを1線撤去して2面2線にしているのが良く分かる。

列車は一旦ここで終点だが、同じキハ120がそのまま1時間半後に江津行きになる。

f:id:inakami:20170703202227j:plain

 

f:id:inakami:20170703202240j:plain

 

駅周辺はふつうに街でした。

民宿も飲食店もある。すごい。

f:id:inakami:20170703202300j:plain

 

鉄道娘さんのお出迎え。

カウントダウンがどこか寂しさを感じさせる。

f:id:inakami:20170703202316j:plain

お昼は路地裏に入ったところのお店、

お好み焼き 「かんちゃん」

f:id:inakami:20170703202331j:plain

f:id:inakami:20170703202344j:plain

f:id:inakami:20170703202356j:plain

 

そんなわけで江津駅に到着したのでした。

特に途中見どころはなかったような、早起きすぎて寝ていたような...

f:id:inakami:20170703202409j:plain

f:id:inakami:20170703202422j:plain

駅から出ずに、同じ列車で折り返します。

隣の江津本町駅まで。

f:id:inakami:20170703202434j:plain

三江線江の川の脇を縫うように走っているので、

駅のホームの目の前はすぐ江の川

というあたりになんか燃えますね。

「本町」と付くものの、駅そのものは街はずれにあって、

周りには民家はありません。

でも江津から徒歩1km以内なので、ちょっと歩けば民家も商店もありますので、

そこは他の駅よりは降りても安心です。

f:id:inakami:20170703202447j:plain

f:id:inakami:20170703202500j:plain

江の川沿いに歩いて江津駅方面に戻る。

江の川に架かる新郷川橋を望む。

河口付近は河原もしっかり整備されていて、ジョギングしてる人も居るし、そこそこの地方都市の様相だった。

f:id:inakami:20170703202515j:plain

f:id:inakami:20170703202528j:plain

江津駅の裏側に回り込んだところの三江線の踏切。

電車が子無くなれば、ここも無用の長物と化してしまうのだろうか。

f:id:inakami:20170703202541j:plain

 

そんなわけで、江津駅にやってきたのだった(2回目)。

長谷、石見川本、江津本町3駅はちゃんと降りてじっくり見学した!やった!

でも本当はもっと色々見たかったですが、時間の都合もありそれも叶わず。

もう行けるチャンスもないかと思うので、自分の中ではこれにて、

三江線よ永遠に!」なのかなあと思いながら、締めとさせていただければ。

f:id:inakami:20170703202554j:plain